ひつじがおかデイサービスセンター

札幌市豊平区で介護でお困りの方、デイサービスをお探しの方。
ぜひ一度お気軽にご相談下さい。

新着情報

老老介護、認認介護をデイサービスで解決

最近耳にするようになった老老介護その意味と実態についてご紹介していきます。
まず、老老介護とは、高齢者が高齢者の介護をすることの事を指します。
ここでいう高齢者とは、65歳以上の年齢の方を指しています。
例えば、80歳を超えた親の介護を60歳の息子/娘が行うといった状態の事です。
老老介護の他にも認認介護というものも増加しています。
認認介護というのは、介護者と要介護者の両人とも認知症を患っている状態のことを言います。
こういった介護の現状は、日本社会における変化が影響しています。

実際に原因となる社会問題の例を挙げていくと

核家族化:両親と離れて住み、自身と配偶者、またその子供だけで生活する家庭が増えています。そういった状況で、年齢を重ねていくと周囲に頼る親族もおらず、地域社会から孤立した状態になります。
家族から要介護者が出ると家族内だけで解決せざるを得ず、介護負担の増加につながります。

寿命の増加:日本は世界でもトップクラスの長寿国ですが実態として、健康寿命と寿命の差があり、自由に動ける年齢は世間でよく聞く寿命よりも短くなっています。
要するにその差が、介護を受けている年数と等しく、介護負担が増え老老介護が発生する原因となっています。

周囲の助けを借りない:家族から要介護者が出たことを周りに打ち明けられず、1人で抱え込んでしまう方がいます。
また、要介護者自身が、第3者に入浴等の介助を行ってもらうことに抵抗を覚えることや、介護士を家に入れることを拒む場合もあります。
そうして、ますます周囲から孤立し、老老介護や認認介護といった状態が悪化します。

他にもありますがおもっだった原因と考えられるものが上記の問題です。
対策としては、当施設ひつがおかデイサービスセンターのようなデイサービス、デイケアを利用するという方法があります。費用もそこまで大きいものではなく、一日のうち数時間ではありますが、介護から離れることによって身体的に心理的にも負担が大幅に減ります。
こういった通所介護施設を利用することで、施設のスタッフとも交流が取れ、抱えている悩みや不安を解消することもできます。
まずは、一度お近くのデイサービス等の施設に相談されることをオススメします。

老老介護、認認介護は、解決が難しい問題です。
一番の原因が周りに相談せず抱え込んでしまい、負担の増加を止められない状態に陥ることです。
解決のために、周りと相談し、デイサービスなどの施設を積極的に利用しましょう。

記事の詳細を記述します。