ひつじがおかデイサービスセンター

札幌市豊平区で介護でお困りの方、デイサービスをお探しの方。
ぜひ一度お気軽にご相談下さい。

サービス案内
information

ひつじがおかデイサービスセンター
〒062-0042 北海道札幌市豊平区福住2条9丁目6番7号 札幌市豊平区の介護施設・デイサービスをお探しなら一度お気軽にお問い合わせ下さい。介護でのお悩みやご相談などお待ちしております。

011-598-0276
営業時間

トップページ > サービス案内

デイサービスの内容について

食事について

健康を維持していくためには、しっかりと食事して栄養を摂ることが欠かせません。
しかし、高齢になると様々な原因で若い人と同じように栄養を補給することが難しくなってしまいます。

・高齢になって噛む力が弱くなり自分で食べられない
・嚥下機能が低下して誤嚥してしまう
・筋力が低下して自分で口まで食事を運べない
・麻痺などの障がいがあり、うまくスプーン、箸が使えず口まで運べない


など、さまざまあり食事を苦に感じる方が多くいらっしゃいます。
噛む力が弱い、誤嚥してしまう方には柔らかいもの、おかゆにする、とろみをつけるなど症状に合った食事を。
自分で食べることができない方には食事介助を。

少しでも食事の時間を苦でなく楽しいと感じてもらえるように、一緒にご飯を作ったり、お食事のお手伝いをしています。

入浴について

入浴は、身体を清潔に保つためにもっとも効果的です。
しかし、入浴中に浴室で急死する高齢者は年間1万人以上とも言われています。

・衣服の着脱にふらついて転倒する
・脱いだ衣服に足がとられて転倒する
・急な温度の変化によってめまい、ふらつく
・温度を感じる機能が低下していて火傷を起こす
・長時間入浴して脱水を起こしてしまう
・浴槽でおぼれてしまう
・身体を洗おうとして濡れた床で足が滑って転倒する


など入浴は危険がいっぱい。安心して行うために入浴介助を行っています。
入浴介助は衣類の着脱と浴室内での介助、ドライヤーなどの整髪を行います。

レクリエーション(運動)について

障がいをおってしまう、また、高齢になると外出することが難しくなります。

やりたくないけどリハビリをしなければいけない、あまり外出できないと気分転換ができず、ストレスが溜まってしまいます。
高齢者のレクリエーションでは、笑えて身体を気持ちよく動かすことができるので、気分転換、ストレス解消することができます。
椅子に座ったままで輪投げやボーリング、バレーボールなど様々なレクリエーションがあります。

認知症の方から要介護の低い比較的動ける方、消極的だったり内向的な人まで誰もができて楽しむことができる内容になっています。

外出行事について

デイサービスは原則としてデイ内で提供されるものであり、外出は原則認められていません。
しかし、下記の条件を満たすことで外出することができます。

・個々の通所介護計画書に外出の目的必要性を明記すること。
・その説明を利用者、家族に行い了解を得ること。
・活動後の様子を記録すること。


それは、どんなにアットホームな雰囲気の良い施設でも毎日室内にいたのでは、気分がどんよりしてしまうからです。
お花見や散歩を行って太陽を浴び、風を全身で感じることで気分転換になります。

ひつじがおかデイサービスセンターでは、事前にアンケートをとり、支笏湖や夕張、小樽や定山渓等に外出し、観光や足湯などを実施しています。

歩行速度の遅い方や一人で歩くことに不安がある方、車いすで外出する方にはスタッフが補助・見守りを行うことで安心して外出することができます。

体験入所

入所前にどんな雰囲気なのかを分かっていただくために体験入所を行っています!
実際に利用している方と一緒に1日を過ごしていただくので、入所後がイメージしやすくなっています。

まず1日の始まりはついてすぐの健康チェックから始まります。
脈拍、血圧、身長、体重などを測定し、その日の体調についてお聞きします。
お食事まで、食後のレクリエーションまでなどは自由時間になります。利用者様同士でお喋りをしたり、テレビを見たり、塗り絵などをして皆さん過ごされます。
レクリエーションは毎回違ったものを行うので、レクリエーションを楽しみに来られる方もいらっしゃいます。

おやつを食べて休憩したらお見送りという流れになります。

※昼食500円別途いただきます。
※お薬を服用している場合は、忘れずにお渡しください。
※入浴の場合は、お着換えのみご用意ください。

豊平区・白石区・清田区を中心に札幌市内を送迎にまいります。